通販と学資保険

学資保険は、経済的に余裕があって、貯蓄も充分あるという人なら、加入する必要はないかもしれません。学費を準備する方法というのは保険だけではないからです。ただ、結婚・出産の年齢が高齢化している現在は、お子さんが小さい間に、ご両親が病気になったり、残念ながら亡くなってしまったりする可能性がゼロではありません。貯蓄だけで学費を確保しようとすると、もしもご両親が亡くなった場合には、その時点で貯蓄額が伸びなくなってしまいます。しかし、保険に加入しておけば、契約者に万が一のことがあった場合には、保険料の払い込みが免除となるという商品もあります。

ネット通販生保の学資保険は、従来の保険会社に比べて、保険料が安いという傾向があります。安い保険料の商品を選ぶことによって、毎月の固定的な出費を抑えることが可能になります。家計に余裕のない人ほど、保険に加入しておくことのメリットが大きいものですが、保険料の額が大きすぎて、収支のバランスが悪くなるということになれば、幸せになれないでしょう。

また、保険金だけで全ての学費を賄おうとすると、どうしても保険料が膨らんでしまいます。お子さんも、高校生や大学生になれば、家庭の経済状態が理解できるようになります。奨学金の利用や教育ローンを使うことも、視野に入れていくと良いでしょう。学資保険は前もって、学費の負担をしておくことだと考えれば、奨学金や教育ローンは、学費の負担のタイミングを遅らせることだといえるでしょう。

ネット通販生保に加入するなら「確保したい学費はどのくらいなのか」を、まず明確にしましょう。そして、保険で確保する、貯蓄でまかなう、奨学金・教育ローンを利用するなどの方法をバランスよく利用することで、現在の家計を圧迫しない保険料や、受け取る保険金の金額を決めていく必要があります。これらのことを、ご家族だけで考えることに不安があるなら、ファイナンシャルプランナーなどに相談するのも良いかもしれません。

学資保険は学費確保を目的とした生命保険商品です。死亡時の学費保障と学費積み立てが対象で、特約がない限り入院給付等はありません。生命保険し死亡時保障が基本とすれば生命保険の基本形とはことなります。貯蓄代わりに華々しく使われた学資保険もあります。学資保険についてしっかり考えてみましょう。
学資保険についてならここ
保険がなかった時の生活イメージを考えれば保険を選択する問題も心配する程じゃないこともあるようです。親の老後資金まで考えての保険などの生命保険、生命保険やガン保険、学資保険少額短期保険そして逓増定期保険や逓減定期保険と驚くほどたくさんあります。保険評判を調べることで安心して暮らせるという側面を見ましょう。-



 link/ 00/ 01/ 02/