ネット通販で定期保険を上手に使う

ネットでの通販生命保険商品で多いのは定期保険です。定期保険は、一定期間の死亡や高度障害を保障する生命保険のことです。一般的には掛け金が払い戻されない「掛け捨て型」の保険であることが多く、掛け金も安く設定されています。さらに、更新があるのも特徴で、10年、15年といった単位で保障内容や掛け金が変化します。その期間内は掛け金が変化しない場合が殆どです。では、この定期保険の上手な使い方と、定期保険を比較するポイントを探って見ましょう。

定期保険は、とにかく安く保障を付けられるのが大きなメリットです。逆にデメリットは払戻金がなく、更新のたびに掛け金が上がってしまうことです。

それなので、この長所・短所を把握して定期保険を活用するのが賢い方法です。例えば、基本的には終身保険で死亡後の家族の必要をカバーします。しかし、終身保険の死亡保障内容は十分とは言えない場合があります。特に、必ず払戻金が発生する終身保険で内容を充実させると、掛け金が非常に高くなるので、そこそこの保障にとどめざるを得ないわけです。この終身保険で足りない分を、定期保険で補うようにすると、バランスの良い保障になります。

しかも、定期保険の上乗せは一定期間だけで十分です。

つまり、子供の養育にお金がかかる時期だけ掛けておいて、独立したら解約したり、更新をしないようにすればいいのです。老後の死亡に関しては終身保険の保障でカバーできるでしょう。

最近はこれを組み合わせた定期付終身保険が売られていますが、より重要な終身保険の部分を比較して検討するようにしてください。

ネット時代になり通販保険が広がっています。通販だと保険料が半分のものもあります。よく調べて損をしないようにしましょう。

火災共済に自動車共済、そして生命共済。共済の種類は複雑です。それぞれ全く違う保障内容と言うのも当たり前です。共済はこの考え方に立って重要な注意点です。共済は比較してから保険を決めましょう。-遺産分割について事前に考えてから進めれば心配するほどではありません。うまく相続と相続税を相続対策で解決させるためには遺産分割について甘く考えないことです。地主さんにとって心配な相続税申告は相応の資産か有していると必ず生じる問題です。相続対策における財産分けの問題はこのような考え方に立つことも大切なことであります。--



 link/ 00/ 01/ 02/