通販サイトでの定期保険の比較

定期保険は掛け捨てである点が終身保険と大きく異なります。一定期間で更新があり、その更新の度に掛け金が上がっていきます。年齢が上がるにつれて死亡リスクが増えますから、これは致し方のないことでしょう。では、定期保険を比較し、より良い定期保険をどのように選んだらよいのか考えて見ましょう。まずはネット通販サイトで通販商品を比較し検討してみましょう。比較することで保険が理解できます。

定期保険も含めて、生命保険の掛け金は加入時の年齢・健康状態によって決まります。若いうちは死亡するリスクが非常に低いですから、保険料もそれだけ安く設定できるわけです。

更新して年齢が上がっていくと、掛け金も上がっていきます。その際の更新期間が短ければ、それだけ掛け金も安くなります。例えば、20〜25歳の死亡リスクと20〜30歳の死亡リスクには違いがあるからです。また、健康状態も重要なポイントです。若くても持病を持っていると、掛け金どころか保険の加入自体が難しくなる場合もあります。さらに、持病がなくても喫煙していると掛け金が上がったり、太っていると掛け金が上がるように設定されている保険もあります。これは、喫煙者や肥満者の死亡リスクが、非喫煙者、通常体型者に比べて高いことが理由になっています。

ただし、こうした細かい設定を同じ条件にしても、各保険会社で定期保険を比較してみると掛け金が異なります。これは、特にネット通販の保険商品、更にネット通販専門の保険会社のネット通販商品で大きな差が生じています。各社の資金運用状況やリスク管理手法に違いがあるからです。

定期保険は使い方次第で便利な物にもなれば、家計を圧迫するものともなります。通販商品も検討し、よく定期保険を商品比較して、最適な保険を選びましょう。

--



 link/ 00/ 01/ 02/